TPM2.0なしでWindows11をインストール

このPCではWindows 11を実行できません

このPCは、このバージョンのWindowsをインストールするための最小システム要件を満たしていません。詳細については、https://aka.ms/WindowsSysReq を参照してください。

レジストリを変更することで回避できます。

  1. インストール開始画面で、Shift + F10でコマンドプロンプトを起動する。
  2. 「regedit」でレジストリエディタを開く。
  3. 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup」に「LabConfig」キーを作成する。
  4. 以下のDWORD(32bit)値を作成し、「1」にする。
    • BypassTPMCheck(TPM 2.0)
    • BypassSecureBootCheck(セキュアブート)
    • BypassRAMCheck(メモリ)
    • BypassStorageCheck(ストレージ)
    • BypassCPUCheck(CPU)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です